イタリアにおける核兵器の存在について苦情を申し立てる

2 年 2023 月 XNUMX 日に核兵器に関してローマ法廷検察庁に告訴状が提出された

アレッサンドロ・カプッツォ

2月22日、平和主義団体と反軍国主義団体のメンバー28名が個別に署名した訴状がローマ法廷検察局に送られた:Abbasso la guerra(戦争をやめろ)、Donne e uomini contro la guerra(女性と男性の戦争反対)戦争)、Associazione Papa Giovanni XXIII (教皇ヨハネ28世協会)、Centro di documentazione del Manifesto Pacifista Internazionale (国際平和主義宣言文書センター)、Tavola della Pace Friuli Venezia Giulia (フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア平和表)、Rete Diritti Accoglienza Solidarietà Internazionale (International Solidarity Welcome Rights Network)、Pax Christi、Presenza、WILPF、Centro sociale XNUMX maggio (XNUMX 月 XNUMX 日社会センター)、Coordinamento No Triv (No Triv コーディネーター)、および民間人。

告発者の中には、大学教授、弁護士、医師、エッセイスト、ボランティア、教育者、主婦、年金受給者、コンボニ神父などが含まれていた。 その中には、モニ・オヴァディアやアレックス・ザノテッリ神父など、よく知られている人もいます。 22日の報道官は弁護士のウーゴ・ジャンナンジェリ氏。

IALANA Italiaのジョアヒム・ラウ弁護士とクラウディオ・ジャンジャコモ弁護士が原告を代表して訴状を提出した。

この苦情は、権限のある情報筋が核装置が存在すると信じているゲディ軍事基地の前で行われた記者会見で、推進者らによって明らかにされた。

ゲディ核空軍基地前での訴状を発表する記者会見の写真

彼らはイタリアにおける核兵器の存在と責任の可能性について調査するよう求められている

2年2023月XNUMX日に提出された告訴状は、ローマ法廷の検察庁が捜査判事に対し、まずイタリア領土内に核兵器が存在するかどうか、そしてその結果としてイタリア側からも考えられる責任を調べるよう求めている。輸入および所持による犯罪的観点。

訴状は、イタリア領土内に核兵器が存在することは、その後の各国政府が一度も公式に認めていないにもかかわらず、真実であると考えられると述べている。 情報源は多数あり、これまで否定されたことのないジャーナリズム記事から、権威ある科学雑誌や政治的出来事まで多岐にわたります。

報告書では国内情報源と国際情報源を区別しています。

17 つ目は、2014 年 XNUMX 月 XNUMX 日の議会質問に対するマウロ大臣の回答です。この回答は、装置の存在を正当化しようとすることで、その存在を暗黙のうちに認めていることになります。 情報源には、CASD (高等防衛研究センター) および CEMISS (軍事戦略研究センター) の文書も含まれています。

国際的な情報源も多数あります。 28年2021月XNUMX日のベリングキャット(研究者、学者、調査ジャーナリストの協会)による調査は注目に値する。ヨーロッパ政府がすべての情報を隠蔽し続ける一方、米軍はアプリケーションを使用して情報を保存しているため、この調査結果は逆説的である。大砲の保管には大量のデータが必要です。 これらのアプリケーションの使用における米軍の過失により、その記録がパブリックドメインになってしまったことが起こりました。

引用された多数の情報源に基づいて、イタリアに核装置が存在することは確実であると考えられ、具体的にはゲディ基地とアヴィアーノ基地に約90基ある。

訴状はイタリアが不拡散条約(NPT)を批准したことを思い出させる。

La denuncia recuerda que Italia ratificó el Tratado de No Proliferación (TNP) el 24 de abril de 1975, que se basa en el principio de que los Estados que poseen armas nucleares (denominados “países nucleares”) se comprometen a no transferir armas de esa naturaleza a los que no las poseen (denominados “países no nucleares”), mientras que estos últimos, incluida Italia, se comprometen a no recibir y/o adquirir el control directo o indirecto de armas nucleares (artículos I, II, III).

一方、イタリアは、7年2017月22日に国連総会で承認され、2021年XNUMX月XNUMX日に発効した核兵器禁止条約に署名も批准もしていない。核兵器の保有を明示的かつ自動的に違法と認定することになるが、訴状は違法性が真実であると主張している。

ゲディ基地の内部。
中央にはB61爆弾があり、左上にはMRCAトルネードがあり、段階的にF35 Aに置き換えられています。

A continuación, hace un repaso analítico de las distintas leyes sobre armas (Ley 110/75; Ley 185/90; Ley 895/67; el TULPS Testo Unico delle leggi di pubblica sicurezza) y concluye afirmando que los dispositivos atómicos entran en la definición de “armas de guerra” (Ley 110/75) y de “materiales para armas” (Ley 185/90, art. 1).

最後に、訴状は、領土内でのそれらの確認された存在が必然的に国境を越えることを前提としていることを考慮して、輸入許可および/または許可の有無の問題を取り上げている。

El silencio sobre la presencia de armas atómicas también afecta inevitablemente a la presencia o ausencia de autorizaciones de importación. Cualquier autorización, además, entraría en conflicto con el artículo 1 de la Ley 185/90, que establece: “La exportación, importación, tránsito, transferencia intracomunitaria e intermediación de material de armamento, así como la transferencia de las licencias de producción pertinentes y la deslocalización de la producción, deben ajustarse a la política exterior y de defensa de Italia. Tales operaciones están reguladas por el Estado de conformidad con los principios de la Constitución republicana, que repudia la guerra como medio de solución de controversias internacionales”.

訴状はローマ検察庁が核兵器管理へのイタリア政府の必然的な関与の適任の場であると指摘している。

12の附属書に裏付けられたこの訴状には、22人の活動家、平和主義者、反軍国主義者が署名しており、その中には国家団体で高い地位にある人もいる。

コメントを残します