ブログ

TPNW宣言のある65カ国

TPNW宣言のある65カ国

En Viena un total de 65 países con numerosos otros como observadores y gran cantidad de organizaciones civiles, el jueves 24 de junio y durante tres días, se alinearon frente a la amenaza del uso de las armas atómicas y se comprometieron a trabajar por su eliminación lo antes posible. Esa es la síntesis de

3月XNUMX日の開始-終了都市

3月XNUMX日の開始-終了都市

コンテキスト:ウィーンから。 私たちは、核兵器禁止条約の締約国の最初の会合からちょうど来ました。 本日、出席した65カ国の代表者や他の多くのオブザーバーから、これは歴史的な会合であると何度も耳にしました。 この文脈でそしてこの都市から私達は与える

ウクライナ戦争国民投票

ウクライナ戦争国民投票

私たちは紛争のXNUMXか月目です。これはヨーロッパで起こっている紛争ですが、その利益は国際的なものです。 彼らが発表する紛争は何年も続くでしょう。 第三次核世界大戦になる危険性のある紛争。 戦争プロパガンダは、武力介入と

先住民族の世界観を大切にする

先住民族の世界観を大切にする

最近、UADERの異文化プログラムから、コミュニティI'TudelPuebloNaciónCharrúaや他の教育機関とともに、国際運動の枠組みの中でコンコルディアで開発された「善良な生活と非暴力の日々」が推進されました。非暴力のための多民族および多文化ラテンアメリカの行進。 学生と

MSGySVパナマとラテンアメリカの行進曲

MSGySVパナマとラテンアメリカの行進曲

戦争と暴力のない世界パナマは、非暴力のための第1ラテンアメリカ行進で行われた活動とその感謝の気持ちを参加者と協力団体に共有するこの声明を送信します:戦争と暴力のない世界は、さまざまな組織、団体、メディアに特別な招待状を送りました、彼らの遵守のために

非暴力の未来に向けたフォーラム

非暴力の未来に向けたフォーラム

ラテンアメリカの行進は、1年2月2021日から6日までFacebookでズーム接続と再送信によって仮想モードで開催されたフォーラム「ラテンアメリカの非暴力の未来に向けて」で締めくくられました。フォーラムはXNUMXつのテーマ軸に編成されました。説明されている積極的な非暴力行動の背景

アルゼンチンでの以前の行動を思い出す

アルゼンチンでの以前の行動を思い出す

アルゼンチンで第1回ラテンアメリカ多民族多文化行進の非暴力の準備に役立った行動のいくつかを紹介します。 6月14日、コルドバの首都のパティオオルモスで、広島と長崎を思い出させるものが作られました。 XNUMX月XNUMX日、ブエノスアイレスのヴィララアータで、

コスタリカでのXNUMX月の後

コスタリカでのXNUMX月の後

8月1日、第1回多民族および多文化ラテンアメリカ非暴力行進がすでに終わったので、フォーラムのテーマ軸XNUMXである先住民の知恵は、多文化非暴力の共存に向けて継続しました。 調和のとれた多文化の共存、先住民の先祖の貢献の評価、そして異文化が私たちにどのように提供できるか