PEACE IS MADE AMONG ALL

ますます致命的な兵器が構築されたり、差別が正当化されたりしながら、平和についてどのように話すことができますか?

「手ごわい新しい戦争兵器を作りながら、平和についてどう語るか。

差別と憎悪の言説で特定の偽りの行動を正当化しながら、平和についてどのように話すことができますか?...

平和は、それが真実に基づいていない場合、正義に従って構築されていない場合、慈善事業によって迅速化および完成されていない場合、そしてそれが自由の中で実現されない場合にのみ、言葉の音です。

(ポープ・フランシス、広島でのスピーチ、2019年XNUMX月)。

年の初めに、フランシスの言葉は私たちが生活している世界と最も近い現実のガリシアで平和を築くという私たちの日々の取り組みについてクリスチャンの人々に反映するように導きます。

私たちが世界の何百万もの人々の前の特権的な場所に住んでいるのは事実です。 しかし、この明らかな平和は薄弱であり、いつでも破られる可能性があります。

ガリシア人の半数は公的給付で生き残る:年金と補助金 (ガリシアの声26-11-2019)。

南米で最も繁栄している国のXNUMXつであるチリでの最近の出来事は、福祉と呼ばれる社会の脆弱性を警告しています。

今年、私たちの土地、外国人恐怖症、同性愛嫌悪症、そしてキリスト教の宗教に避難している政治グループの新たな憎悪のスピーチで、今年特にジェンダーによる暴力が激しかったことは、平和が安定していないことを示しています。

私たちは何に貢献できますか?

平和な気候を実現するためには、人々の集団のすべてのメンバーが彼らの周りに平和を構築するプロジェクトに参加することが不可欠です。 対立を克服し、対立する利益を調和させ、公平性のない生物を改革することは容易ではありません。

Fundamentalは、家族から、特にいじめや虐待の事例が毎年増える学校からの平和のための教育です。

紛争解決において、憎しみや暴力なしで子供と少年を教育することは、教育において未解決の問題です。

責任ある消費

多くの国で不安定性の原因のXNUMXつは、それが

世界のほとんどを水没させた。 それは、過剰生産による生態系へのダメージだけでなく、何百万もの人々の貧困と奴隷制に関するものです。

アフリカでの戦争の背後には、大きな商業的利益、そしてもちろん、武器の販売と人身売買があります。 スペインはこの状況に慣れています。 武器販売の80%が国連安全保障理事会の加盟国からのものであるため、国連も同様です。

世界の兵器への支出(2018年)は過去30年間で最も高かった(1,63兆ユーロ)。

フランシスコ教皇は国連に、5大国の安全保障理事会における拒否権の廃止を要求するようになった。

したがって、責任ある地味な消費に賭け、不必要なエコロジカルトレードと持続可能なエネルギーを排除する必要があります。 この方法でのみ、私たちは地球の荒廃と、非常に多くの国々での野生生産によって生み出された暴力を阻止します。

昨年XNUMX月にローマで開催されたアマゾンの最近の会議では、脅威にさらされた領域とその住民を守る新しい政策が求められました。

解放するイエスへの信仰から、私たちは創造を救うためのこの努力の中で戦いを止めることはできません。

第2回ワールドマーチポーラペッツと非暴力

2年2019月2日、平和と非暴力のための第XNUMX回世界行進がマドリードで始まりました。マドリードでは、さまざまなコミュニティと運動の取り組みを世界規模で収束させ、次の目的を推進します。

  • 核兵器禁止条約を支援し、その資源を人類のニーズに割り当てることにより、世界的な大災害の可能性を排除します。
  • 惑星から飢餓を根絶します。
  • 国連を改革して、真の平和世界理事会とする。
  • グローバル民主主義への手紙で人権宣言を完了する。
  • シュプレマシズムと人種、国籍、性別、または宗教に基づく差別に対抗するための措置の計画を有効にします。
  • 気候変動への取り組み。
  • 対話と連帯が課税と戦争に対する変革力になるように、ACTIVE NOVIOLENCEを宣伝します。

今日現在、80か国が核兵器廃絶に賛成して署名しており、33か国が批准し、17か国はまだ署名していない。 マーチは、8年2020月XNUMX日、国際女性デーのマドリードで終了します。

今、一人ひとりが手にして、世界中に広がるこの神聖さの精神に参加します。

神を愛し、偶像化するだけでは十分ではありません。殺したり、盗んだり、偽りの証言をしたりしないことはもはや十分ではありません。

ここ数か月の間に、ニカラグア、ボリビア、ベネズエラ、チリ、コロンビア、スペイン、フランス、香港など、世界の非常に多くの場所で暴力が噴火する様子を目にしてきました。

「長崎と広島で私は祈っていました、私はいくつかの生存者と犠牲者の親族に会いました、そして私は核兵器の断固たる非難と平和、武器の製造と販売について話す偽善を繰り返しました(...)キリスト教諸国、ヨーロッパ諸国があります平和について話し、武器で暮らす人々」(ポープ・フランシス)


ピースドキュメント2019/20
署名:Crentes Galeg @ sのコーディネーター
0 / 5 (0レビュー)

コメントを残します