第三世界行進曲に向けて

平和と非暴力のための第三世界行進に向けて

平和と非暴力のための世界行進の創始者であり、最初の 2 つの版のコーディネーターであるラファエル デ ラ ルビアの存在により、2024 年 5 月 2025 日に予定されている第 4 回世界行進を開始するための一連の会議をイタリアで開催することが可能になりました。 2 年 2009 月 2 日まで、サン ホセ デ コスタリカを出発および到着します。 これらの会議の最初の会議は、2010 月 2.000 日土曜日、ボローニャの女性ドキュメンテーション センターで開催されました。 ラファエルはこの機会を利用して、行進の 2018 つの版を簡単に思い出しました。 2 年 2019 月 8 日にニュージーランドで始まり、2020 年 19 月 XNUMX 日にプンタ デ バカスで終了した第 XNUMX 回では、プロジェクトに関連する XNUMX 以上の組織が集まりました。 平和と非暴力というテーマの重要性と、最初の世界行進がすぐに獲得した強力な象徴的価値を考慮して、XNUMX 回目はパラダイムを変更し、組織なしで草の根活動に基づいて新しい行進を組織しようとすることが決定されました。 . ラテンアメリカでの平和と非暴力の行進 XNUMX の成功により、このタイプのアプローチが機能することを確認することができました。 このようにして、第XNUMX回世界行進のプロジェクトが始まりました。 XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日にマドリードで始まり、XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日にスペインの首都で終了しました。特にイタリアで問題が発生したにもかかわらず、前の XNUMX 月よりも多くの地元組織が参加し、さらに数日間続きました。 CovidXNUMXパンデミックの発生に。

このため、デ ラ ルビアは、XNUMX 回目の行進が始まる数か月前に、地方レベルで進むべき道についての手がかりを与えました。 活動家の個人的な動機から、個々のイベントや行進全体の社会的意義まで、あらゆるレベルに触れるトラック。 行進に参加する各個人は、感情、知性、行動が首尾一貫した方法で収束する有効な行動を実行していると感じなければなりません。 達成されることは、模範的であるという特徴を持たなければなりません。つまり、たとえそれが小さくても、コミュニティの生活の質を向上させる必要があります。 この第 XNUMX 段階では、イタリアの地方委員会の意思が集められています。現在のところ、アルト ヴェルバーノ、ボローニャ、フィレンツェ、 フィウミチェッロヴィラヴィチェンティーナ、ジェノヴァ、ミラノ、プーリア(中東への通路を作ることを意図して)、レッジョ・カラブリア、ローマ、トリノ、トリエステ、ヴァレーゼ。

ボローニャ、4 月 XNUMX 日、Women's Documentation Center
ボローニャ、4 月 XNUMX 日、Women's Documentation Center

5月5日、ミラノ。午前中はノセタムセンターを訪問しました。戦争と暴力のない世界は、1937月XNUMX日に「道に沿った行進」を組織しました。私たちはポー川とフランチヘナ通り(ローマとカンタベリーを結んだ古代ローマの道)を結ぶ修道士の道のいくつかの段階を体験しました。ノセタム(無力で社会的脆弱な状況にある女性とその子供たちのための保護施設)では、ラファエルは何人かのゲストとその子供たちの幸せな歌で歓迎されました。彼は、戦争のない世界の基礎である紛争のない社会を構築するための具体的な基盤となる、単純な行動における個人的かつ日常的な取り組みがいかに重要であるかを改めて主張しました。午後、第二次世界大戦中の1937年に建設された防空壕がある広場近くのカフェで、ミラノの活動家らと会った。お茶とコーヒーを飲みながら、ボローニャ会議中にすでに議論されたすべての議題が再び議論されました。

ミラノ、5 月 XNUMX 日、ノセタム センター
ミラノ、5 月 1937 日、第二次世界大戦前の XNUMX 年に建てられた防空壕の隣の部屋での非公式会合

6月XNUMX日。 ローマのカーサ ウマニスタ (サン ロレンツォ地区) にあるアプリチェナで、ローマの WM 推進委員会が世界行進曲の作成者の話を聞いています。 第三世界行進への道のこの段階では、遠く離れていても、深い団結を築こうとするすべての人々を活気づける精神を持つことが非常に重要です。

ローマ、6 月 XNUMX 日、カサ ウマニスタ

7月25日。デ・ラ・ルビア氏の出席を利用して、ヌッチョ・バリッラ氏(レガンビエンテ、レッジョ・ディ・カラブリア世界行進推進委員)、ティツィアナ・ボルタ氏(戦争と暴力のない世界)、アレッサンドロ・カプッツォ氏(FVGの平和テーブル)と、シルヴァーノ・カヴェギオン(ヴィチェンツァ出身の非暴力活動家)、テーマは「地中海の平和と核兵器からの自由。 Nuccio は興味深い提案を開始しました。それは、次回のコッリッレッジョ(毎年40月XNUMX日に開催され、今年でXNUMX回目となる徒競走)にラファエルを招待することだ。前の週には、レセプション、環境、平和、非暴力などをテーマにしたさまざまなイベントが常に開催されてきました。その一つは、他の地中海地域とのつながりを持つ「地中海、平和の海」プロジェクト(西地中海の行進も祝われた第二次世界大行進中に生まれた)を再開するための海峡横断中かもしれない。この提案は、バーチャル会議の他の出席者から非常に好評でした。

8月2022日、ペルージャ。約61年半前、植樹中にデヴィッド・グローマン氏(ペルージャ大学農業・食品・環境科学部研究者兼准教授、大学科学博物館センター所長)との出会いから始まった旅。サン・マッテオ・デッリ・アルメニ大聖堂の庭園にある広島の被爆樹木の写真。その後のエリサ・デル・ヴェッキオ氏(ペルージャ大学哲学・社会科学・人文科学部准教授)との会談。彼女は同大学の「平和のための大学ネットワーク」および「平和のための大学ネットワーク」の連絡担当者である。武力紛争下の子供たち。一連の予定には、2020年XNUMX月にローマで開催される平和と非暴力のためのブックフェスティバルの第XNUMX回開催中のイベントへの参加や、世界行進についての学生とのウェビナーなどが含まれる。マウリツィオ・オリベイロ教授(同大学学長)との会談は、イタリアで始まった道を国際レベルでも共に継続し、すでにこの道に参加している他の大学との相乗効果を生み出すための、熱心な耳と議論の非常に濃密な瞬間でした。第三世界行進の。すべてが始まった場所、サン・マッテオ・デッリ・アルメーニの図書館に飛び込む時間もありました。アルド・カピティーニ財団(イタリア非暴力運動の創設者であり、ペルージャ・アッシジ運動の創設者)の本部でもあります。 XNUMX月でXNUMX周年を迎えます)。そこには第XNUMX回世界行進の旗が保存されているが、XNUMX年XNUMX月以降は第XNUMX回世界行進の旗も保存されており、行進の代表団が出席した謁見の中で教皇フランシスコがとりわけ祝福し、ラファエル自身も出席した。ブロンド。

ペルージャ、8 月 XNUMX 日 アルド カピティーニ財団を所蔵するサン マッテオ デッリ アルメニ図書館

パンデミックにより国際代表団の通過が妨げられた2020年の激動の年末の後、イタリアの公式スターティングガン。 それにもかかわらず、私たちが生きている瞬間の大きな意識と具体性とともに、熱意、一緒に続けたいという願望はまだそこにあります.


編集、写真、ビデオ: Tiziana Volta

コメントを残します