平和と非暴力のためのコルーニャフォーラム

15年2020月XNUMX日、ドキュメンタリー「核兵器の終ofの始まり」が平和と非暴力のためのAコルーニャフォーラムを開始します。

プレスリリース
2月11 2020

次の土曜日、15月XNUMX日、ドキュメンタリー「核兵器の終ofの始まり」が上映され、監督のアルバロ・オルスが出席します。

このドキュメンタリーは、世界中のさまざまな都市で上映され、Accolade Merit Awardを獲得しています。
グローバル映画コンクール

映画「核兵器の終endの始まり」のニューヨーク初演。

シノプシス

このドキュメンタリーは、核兵器を禁止する条約を国際法に取り入れる努力と、核兵器廃絶のための国際キャンペーン、ICANの役割についてのものです。

これは、さまざまな組織や国の著名な活動家の声と交渉会議の議長によって伝えられています。

この機会に、私たちはそれをア・コルーニャに投影し、アルバロ・オルスとすべてのインとアウトについて話す機会があります
「核兵器の終わりの始まり」を囲みます。

上映は、土曜日の午後15時18分にUGT Avdaで行われます。DeFernándezLatorre、30.

http://theendofnuclearweapons.com/languages/el-principio-del-fin-de-las-armas-nucleares/#Stampa

このイベントは、Mundo sen guerras e sen ViolenciaがGalicia Aberta、Acampa、Hortas do Val deFeánsと協力して開催した「Forum ACoruñapola paz ea nonviolencia」を開催します。 2ª平和と非暴力のための世界行進曲、15月22日からXNUMX日まで、XNUMX日間で、今日の社会で私たちが住んでいるさまざまな種類の暴力が崩壊するでしょう。

https://www.facebook.com/events/193228978427642/

日、スケジュール、場所

•15月18日土曜日午後30時27分、ドキュメンタリー「核兵器の終ofの始まり」の上映と、その後のアルバロ・オルス監督とのコロキウム。 UGT Avda。DeFernándezLatorre、XNUMX歳。

•17月19日月曜日午後27時、移民およびシェルター。 UGT Avda。DeFernándezLatorre、XNUMX歳。

•18月19日火曜日、午後12時「ブラックミラー」の世界でのメンタルヘルスCasares Casa Quiroga Museum。 ルア・パナデラス、XNUMX。

•19月19日水曜日午後30時1分 科学のスケルトン。 MUNCYT of ACoruña(プラザドシエンシア国立博物館XNUMX)。

•20月18日木曜日午後12時 制度的暴力 Casa Casa Quiroga Museumにあります。 ルア・パナデラス、XNUMX。

•金曜日21 19時間。 性暴力 性暴力に対する学際的なアプローチ。 Casa Casa Quiroga Museumにあります。 ルア・パナデラス、12。

•22月12日土曜日27時間。 共感による調停および紛争解決ワークショップ。 UGT Avda。DeFernándezLatorre、XNUMX歳。

Facebookのフォーラムイベント: https://www.facebook.com/events/182230339719897/

PDFリリース: 平和と非暴力のためのACoruñaフォーラムのコミュニケ


製図:マリサ・フェルナンデス
コルニャの平和と非暴力のための第2回世界行進のプロモーターチーム
coruna@theworldmarch.org
www.therworldmarch.org/coruna
5 / 5 (1レビュー)

ご意見をお聞かせください

アバター
購読する
通知する
それを共有する!