非暴力の日についてのすべてを発見

歴史を通して特定の対立を解決するための道具として用いられた暴力は、異なる文化と文明の間の共存において深刻な問題を引き起こしました。 現在、さまざまな組織が日々活動しているため、さまざまなグループの可視性を高めて次のようなイベントを生み出しています。 非暴力の日 そしてその話題に関連した同様の日々。 一年を通して、私たちは可視性を必要とする問題への意識を高めることを目的とした異なる日を見つけることができます。 暴力に関連する日々の中で、あなたは国際的な非暴力の日のようなハイライトを見つけることができます。

歴史は戦争、闘争、人権侵害に基づいて作られました。 帝国は、人々の絶滅、自由の侵害、そして人命の奴隷化のおかげで生まれました。 歴史的時代に応じて、文明は様々な構造の政府と抑圧を築き上げてきました。そして、多くの段階で特定の文化が権利の促進のために代理店を発展させてきました。彼らに対する排除と暴力。

5 / 5 (1レビュー)

重要な非暴力の時代は何日ですか?

に関連する社会運動 非暴力の国際デー いくつかあります。 カレンダには、次のようなさまざまな人口セクターに焦点を当てた非暴力の日が何日もあります。

  • 児童非暴力の日
  • 女性に対する非暴力の25デー
  • 10月の2にある国際非暴力デー
  • 1月の30、私たちは子供の非暴力の日と混同してはいけないという非暴力の学校の日
  • 国際非暴力と平和の日。

彼ら全員は、この分野のさまざまな分野で活動していますが、さまざまな分野での暴力との闘いに努力を集中しており、共通の目標を持っています。地球の隅々、そしてそれ故にその市民は同じ権利と義務を持つことができる

2 10月:国際非暴力デー

非暴力の国際デー非暴力の国際デー 10月の2は、 マハトマ・ガンジー誕生のお祝い。 そしてそれはガンジーの哲学があらゆる紛争の解決のための対話の使用に基づいているということです。

国連総会が決議15 / 2007を通じて、10月の61非暴力が選ばれる日であると宣言したのは、今年の6月の271でした。 この日の非暴力は、より公正な社会を実現するために一生を通じて戦ったさまざまな輝かしい人々を記念するための世界的な参考として使用されてきました。

なぜ非暴力と平和の日?

世界非暴力デーを形作る文化は、市民の権利と社会の変化に対する戦いとして焦点を当てています。なぜなら、意図されているのは平和を道具として用いて人間の命を守ることであるからです。

多くの人は、非暴力の日は何であり、なぜ平和と非暴力の日が主張されているのか疑問に思います。 そして、専門家によると、国際非暴力デーを持っているということは、国家間および国内での紛争の解決において、暴力が過剰に使用されていることについての世界的な認識を高めるのに役立つということです。

そのため、2の10月の非暴力は、さまざまな組織が、直接的にもわずかにも、世界中に存在する過剰な暴力を目に見えるようにするイベントを管理する機会となります。 この日の非暴力を積極的に示すためには、世界中で開催されている行進に参加したり、統合ツールを使用して平和と非暴力の日を創造するための団体と提携してください。そして尊敬。

このため、10月の2非暴力デーに町や都市で開催されるさまざまなイベントに参加したい場合は、関連する協会にアプローチするのが最善です。 非暴力と平和の日 そして彼らに働きかけよう

強調する必要があるのは、11月の2国際非暴力日であると誤解するのが一般的であるため、日付を認識することは重要です。10月の2であることが重要です。 そして時々あなたがインターネット上で間違った情報を見つけるのは混乱を招く可能性があるということです。

女性に対する非暴力の11月25日

このトピックは最も関連性のあるトピックの1つであり、現在全世界の口にあります。 その原因は、女性を中心とした暴力が、文明が連帯して前進することを困難にしている悲劇の1つであることです。

El 女性に対する暴力に対する25 11月国際デー、それはこのグループに及ぼされる暴力のすべてのモデルを目に見えるようにすることを意図しています、そして多くの場合軽蔑されるか沈黙の中で。

この日付の存在理由:11月25女性に対する非暴力の日

非暴力と平和の日

女性に対する暴力には、とりわけ、性暴力、産科的暴力、嫌がらせ、強姦または賃金の不平等などの行為や状況が含まれます。

これらすべての状況は、女性が男性と比較して多くの点で劣っていると考えられていること、または介護者または主婦の役割として、女性であるという単なる事実に対してジェンダー的な役割を割り当てられていることを意味します。

どうして11月の25日の非暴力の祭典を奨励するのですか?

女性の性別に基づいて確立された暴力はそれと戦うために、最も普及しているものの1つです。 1993年に、女性に対する暴力撤廃に関する宣言が国連総会によって発行されました。 そしてそれはの主張を終わらせるために考慮されます 非暴力と平和の25デー 本質的に世界人口の半分以上を占める少女と女性の両方が、恐れることなく、 家庭内暴力、彼らにとって安全で公正な社会の中で。

そして、25 11月以降、2017の暴力がこの問題の認識に一定の進歩を遂げ始めているが、権利が達成されない限り、世界社会は道徳的発展に向けて公正かつ公平な方法で前進しないと考える人公平性と寛容性の価値に基づいています。

非暴力と平和の1月30スクールデー

1月の30 非暴力と平和の学校の日 インドの国民的そして精神的指導者であったマハトマ・ガンジーの死を記念して祝われます。 この日は1964年から祝われますが、国連がそれを認識したのは1993年まででした。

El 1月国際非暴力デー30世界で平和を促進するために、学校ではさまざまな行動がとられています。 このような非暴力と平和の日には、次のような活動を行うのが一般的です。 平和と非暴力の物語の日、または平和に関連した歌も歌われており、それは国内または世界のどこかに住んでいる状況を呼び起こします。

1月の30で非暴力と平和の日が祝われるのはなぜですか?

この日は、小さなものとさまざまな活動を実行するために教育センターによって選択されます。 これらの日は通常、子供と一次段階を通して開催され、そしてそれは幼いものが非暴力と平和の動きを代表する数字を知っていることを意図しています。 最も代表的な人物の中には、マハトマガンジー、ネルソンマンデラ、カルカッタのマザーマリアテレサ、マーティンルーサーキングがあります。

子供の頃から世界の非暴力の日、および国際暴力反対日のような平和と非暴力の日に関連するカレンダーに関わっているすべての日に、最年少の子供たちと仕事をすることが重要です。25 11月 2 10月の非暴力の日 そして、非暴力と嫌がらせの平和または学校の日。

子供や若者に対する暴力のない11月の世界的な日

非暴力の学校の日11月の19は 子どもと若者の非暴力の日、それは最年少に向かって虐待を目に見えるようにすることを意図しています。 国家による緊急かつ効果的な措置を確立するためにこの日がデフォルトで指定されたのは2000年でした。 さらに、11月の20は国際こどもの日の相乗効果で記念されます。

この日の子供のための非暴力は、未成年者を虐待するための最も一般的な手法は何か、また彼らが周囲にいる信頼できる成人の警鐘を鳴らすために使用できるツールについての認識を高めるために使用されます。

非暴力の国際デーと性的虐待およびハラスメントの防止

子供や若者の虐待や搾取は、世界中のすべての国に関わる問題です。 そして、このタイプの虐待は人種、国、文化または社会的地位を区別しないということです。

たくさん 未成年者に対する虐待および暴力の事例 何百もの組織や政府のシステムが対策を講じ、教育システムと警報を実施し始めているので、これらの事件は周知され、したがって家族、レジャーセンターとしての教育センターのすべての分野で行動のプロトコルを確立できる。 。

子供の暴力の指標

専門家は、子供や若い人たちが苦しんでいるときや虐待を受けているときに見つけられる最も頻繁な指標のリストを作成しました。

  • 身体的症状:出血、炎症、感染などの親密な領域の損傷。
  • 精神的症状:恐れ、恐怖症、再発性の悪夢、落ち着きのない睡眠。 悪い習慣や逆行性はすでに習得しています。
  • 早い性行為、家族および学校の​​反乱、学業成績の悪さ。

このガイドは、家族、友人、または教育者が口頭でそれについて話さなくても、最年少で虐待の症状を検出できるように設計されています。

非暴力に対する国際暴力デーに関する最終声明

残念ながら、文明化されているかどうかにかかわらず、世界中に存在するすべての紛争、およびすべての社会で行われているすべての虐待が原因で、常に国際的な暴力の日となっています。

各国の文化とそれが持つ権利の進歩または後退に応じて、暴力のさまざまなモデルが観察される可能性があります。 先進国では祝う必要はないと多くの人が考えるかもしれません。 非暴力に対する世界の日なぜなら彼らはそれがもはや存在しない、あるいはほとんどまたはふさわしくないと仮定しているからです。

しかし残念なことにそれは逆で、暴力は人間の一部であり、それを根絶するためにはまずその存在に対する意識を高め、どのような場合にそれが明るみに出るか、そして暴力と見なされることを明らかにすることが必要です。

スペインは国際非暴力デーに向けて世界行進をリードしています

スペインは、全国民を保護し権利を付与するとされる憲法により、民主的な議会制覇の最初の世界と見なされた国です。

しかし、真実は、この国の最新の歴史の至るところで、明白にも暗黙にも、最大の暴力の状況がありました。 家庭内暴力(その日は11月の暴力)は、この社会を襲う主な困難の1つです。

それはまたテロリズムがその住民の日常生活を脅かした段階を経験しました。 直接見られてきた最大の懸念の抗議行動の中には、市民を激しく攻撃した治安部隊によって切り捨てられた国民投票のため、10月にカタルーニャで起きた1の暴力があった。 そのため、 非暴力の世界デー2017 それは特に重要でした。

スペインが最も文明的な社会のひとつであり、それにもかかわらず、個人の権利と安全に対して多くの攻撃が行われていると考えると、民主主義のレベルが低いかまったくない他の国で何が起こるのか想像するのは簡単です。戦争に沈んだ。

これらすべての理由のために、人々の権利のための戦いを促進する組織があります。 平和と非暴力のための世界行進曲、暴力を使用しないことの重要性についての市民とその政府の間での意識を高めるために、国際的に年々働いている。

5 / 5 (1レビュー)