オーバーニュのみんなのために歌う

EnVies EnJeux主催、28月XNUMX日、フランス、マルセイユ地区Augbagne:すべての人とすべての人のための歌-平和と非暴力

28年2020月2日金曜日、平和と非暴力のための第XNUMX回世界行進の枠組みの中で、無料の即興の歌がすべての人に開かれたオーバーニュで開催されました。

このイベントは、EnVies EnJeux協会によって開催されました。 ChloéDi Cintioは、このイベントを開催する動機になった理由を説明します。

私たちは、平和の文化とそれを成長させたいという願望を運ぶ人々とイニシアチブをつなぐというXNUMX月の意図を認識しています。 EnVies EnJeuxは、個人の完全な発達を目的として、協力的かつ非暴力的な慣行の発展を伴います。 関連の歴史的媒体が遊びである場合、このプロセスで有用で一貫性のある媒体に対して開かれたままです。 したがって、Envies EnJeuxは、すべての提案の歌唱とマリープロストのスキルを受け入れて、包括的なグループダイナミクスに役立つ関連プラクティスをサポートし、個人の自信を育むために喜んでいます。自分自身とお互い。 »

さまざまなバックグラウンドからの十数人、その多くは知られていないが、招待に応じた。

この夜は、第2回世界XNUMX月のプレゼンテーションとその関心から始まりました。人類。

Envies Enjeuxに参加し、長い間戦争と暴力のない世界に参加しているMarieは、歌の美徳(エネルギーのリラックスと高揚、感情の表現と共有など)の間のリンクを確立しました。 、カント・パラ・トドス・イ・トドスの特に包括的な形(口頭と肉体、即興、自由、すべてに開かれている)および非暴力の文化。

これに続いて、つながり、手放し、感情、または音楽の喜びに焦点を当てたいくつかのボーカルゲームとガイド付き即興演奏が続きました。 最後に、暴力の影響を受けた人々に即興の歌を捧げました。

この美しい方法で知り合い、コミュニケーションをとった後、私たちは伝統的な方法で平等に喜びを分かち合い、食事を共有して話し合います。

参加者の中では、ビデオグラファーのルーカスボアがいくつかの美しい写真を撮ってビデオキャプチャを行い、後にこのモンタージュを世界の行進に捧げることを考えました。

彼に感謝します。

参加者の証言:

この瞬間、私は不安を感じることなく再び手放し始めることができました。 久しぶりです! どうもありがとうございました、私は冒険を追体験したいと考えています。 »

「歌ったり、振動したり、笑ったり、踊ったり、動いたり、判断や分かち合いなしで、平和な精神で新しい人と出会えたことは素晴らしいことでした。 この経験を繰り返す準備ができています。 »

「これらはこのような良い時代です。 美しい出会いが続きます。 金曜日に「みんなのために歌う」ことを発見しました。 私は歌うのが大好きですが、何を期待するのか分かりませんでした...みんなのために歌うことは歌うことの喜びをはるかに超えています。 私は愛情深い人々のグループ、遊び心のあるテクニックを発見しました。それは声と精神の解放につながります。 それは、日常生活の外での予期せぬ魔法のような感動的な瞬間であり、現在の心配から逃れ、他の人とつながることができました。 そのような他の美しい共有括弧を追体験したいと思います! »


製図:マリー・プロスト
Envies Enjeux: https://www.jeux-cooperatifs.com/envies-enjeux/
チャント・トゥー・トゥス: https://chantpourtous.com/
平和と非暴力のための第2回世界行進: https://theworldmarch.org/
0 / 5 (0レビュー)

コメントを残します