尊敬されるイタリア共和国大統領へ

平和と非暴力のための世界行進のイタリア推進委員会からイタリア共和国の大統領へ

月27 2020
社長様
セルジオ・マッタレッラ
共和国の議長国
クイリナーレ宮殿
クイリナーレスクエア
00187ローマ

親愛なる大統領、昨年の共和国デーで、彼は次のように宣言しました。「自由と民主主義のすべての分野で、紛争を煽る人々と両立することはできず、特定する敵を絶えず探しています。

コラボレーションと対話の経路のみが、コントラストを克服できます。
国際社会への相互利益を促進する」。

2009年の初版以来の対話と対立は、 平和と非暴力のための世界行進曲、「戦争と暴力のない世界」協会のラファエル・デ・ラルビアによって考案され、調整され、XNUMXつの大陸からの人々、組織、機関が参加しました。

世界マーチの第2版は、2019年XNUMX月XNUMX日の世界デー
非暴力の国連とマドリードでの国際女性の日、8月XNUMX日に終了しました。 その開発では、さまざまなテーマに触れました:

  • 割り当てられたリソースを解放するための核兵器禁止条約の迅速な実施
    基本的な人間のニーズの破壊と満足に;
  • 市民社会の参加を得て国連を再建し、理事会を民主化する
    世界平和評議会に変わり、安全保障理事会を作成する
    環境と経済;
  • 地球上で真に持続可能な開発のための条件を構築します。
  • 国をゾーンとリージョンに統合し、経済システムを採用して、
    それらすべて;
  • あらゆる形態の差別を克服する。
  • 非暴力を新しい文化として採用し、アクティブな非暴力を行動の方法として採用します。

世界行進には、27年24月2019日から1995月XNUMX日まで、バルセロナ宣言(XNUMX年)に基づいて、平和で核兵器のない地中海への海路もありました。

イタリアの平和と非暴力のための世界行進推進委員会は、Covid19のために国際代表団の通過を延期しなければなりませんでしたが、多くの都市では行進のテーマに関するイニシアチブもありました。

共和国の誕生74周年を記念して、1月XNUMX日に国連事務総長アントニオ・グテーレスの呼びかけを遵守するという国際宣言で報告されたように、私たちは目的へのコミットメントを再確認します。人生の真の闘争に一緒に集中してください」。

文書の中でラファエル・デ・ラルビアは次のように述べています。「最近世界中を歩き回っている間、人々は自分自身のために、そして…愛する人のために、尊厳のある生活を送りたいと思っています。 人類は共に生き、互いに助け合うことを学ばなければなりません。 人類の惨劇のXNUMXつは戦争であり、それは同居を破壊し、未来を新しい世代に近づけます。

イタリアのプロモーター委員会は、Covid-19の登場以来なされてきた上訴を支持しています。
軍事支出をリダイレクトして、健康、貧困、環境、教育を支援する。 イタリア全土で何千もの署名を集めた啓発キャンペーンによって推進された、非武装で非暴力の市民防衛部門の設立と資金調達のための議会にまだある市民主導法案を思い出してください。

また、これらの数か月の侵入により生じた危険についての懸念を表明します。
5Gネットワ​​ークを介した個人の自由におけるデジタル。

この劇的な時期に国にとって非常に重要なお祝いの日である私たちは、あなたと憲法の保証人として、今こそ、一人一人と皆の幸福のために具体的な対策を講じ、環境保護。

最近のキャパシ虐殺のスピーチのように、彼らが頻繁に引き継ぐ新世代では、私たちは今日のような世界を残したくありません。 イタリアは
それは軍縮を憲法に沿ったその政治と経済の強力なポイントにするべきです。 最初のステップは、核兵器禁止に関する国連条約の適時の承認であり、破壊の手段であるアビアノ(ポルデノーネ)とゲディ(ブレシア)の基地に70の核弾頭が存在するため、私たちに密接に触れています。普遍化は現在、近代化への道を進んでいます。 イタリアの11の軍事核ポートの存在:オーガスタ、ブリンディジ、カリアリ、カステッランマーレディスタビア、ガエータ、ラマッダレーナ、ラスペツィア、リボルノ、ナポリ、ターラント、トリエステ。

憲法第11条に基づき、憲法の可能性と義務に従い、軍事費の犠牲、海外での非憲法任務におけるイタリア軍の撤退について、以下の領域に迅速に介入するようお願いします。 、そしてイタリアの対等な軍事組織の閉鎖。

彼の輝かしい前任者であるサンドロ・ペルティーニは、世界に平和をもたらしたイタリアを支援しました。 これが私たちが従わなければならない平和の道です。」

戦争構造がある場所では、森林は成長しなければなりません(私たちはそれらを成長させたいですか?)酸素を寄付するために、パンデミックの間に多くの人々が失われ、私たちは夢を育み、彼らが新生世代の生活の中で繁栄するのを見る必要もあります。文化の場所を大いに必要としている人。

幸運を祈ります。
平和と非暴力のためのイタリアのプロモーター委員会世界行進

「イタリア共和国の尊敬される大統領へ」への1つのコメント

  1. 素晴らしいです。私は、戦争ではなく、原爆ではなく、いかなる暴力でもない平和を求めて同じ気持ちで振動するので、コロンビアから追加できるように保留しています。 世界1月2日とXNUMX日は、その新しい軌道に新しい世界の構築と開かれた未来の感覚を残しました。 私たちにはもっと良い人がいますし、地球規模の変化を望んでいます。 平和、強さ、そして喜び。 セシウ

    答え

コメントを残します